噛み合わせ治療

歯並びの良さだけでは安心できない、体調不良を引き起こす噛み合わせに要注意です!
『歯並びがよい』=『噛み合わせが良い』とは必ずしも言い切れません。
どんなにきれいな歯並びの人でも、噛み合わせが悪いということは十分にありうるのです。

こんな人は要注意

  • 1本でも抜けたままの歯がある。
  • 上下の噛み合わせが悪い。(出っ歯や受け口など)
  • 歯並びが悪い(八重歯、乱杭歯など)
  • 治療をしていない虫歯がある、グラグラする歯がある。
  • 親知らずが不正な方向に生えている等

噛み合わせが悪いと・・・

歯に表れる症状

  • 歯周病
  • 顎関節症
  • 虫歯
  • 口臭
  • 頭痛

体に表れる症状

  • 顔のゆがみ
  • 口が開きづらい
  • 肩こり
  • 手足のしびれ、むくみ
  • のどの詰まった感じ

治療方法

原因により治療方法が異なります。問診、診断を行い、その方にあった治療方法を提案致します。

  • 【顎関節症の場合】
    スプリント療法を用いて症状の改善を実感していただきます。
    詳しくは顎関節症の項目をご覧ください。
  • 【歯並びが悪い場合】
    矯正治療
    再補てつ(詰め物や差し歯を自分の噛み合わせに合ったものに変える)
  • 【歯周病の場合】
    歯周外科の処置で症状を改善させます