見えない裏側矯正

接客業など人前に出る事が多い方におすすめ

歯の裏側に矯正装置つけているので、表側からは矯正装置がまったく見えません。
誰にも気づかれずキレイな歯並びになれます。
矯正装置が表側から見えるのが気になる方、矯正装置をつけるのに抵抗がある方、接客業の方などに最適です。
当院では超小型の舌側矯正装置、「Stbリンガルブラケット(スモールタイプ)」を使用しています。
従来の舌側矯正装置に比べ、話しやすさ・食べやすさが改善され、歯磨きもしやすくなり今までの裏側矯正より飛躍的に改善されました。

裏側矯正(リンガル矯正)のメリット

  • 歯の裏側に装置をつけるので表側からは、まったく見えません。 他人の目を気にすることなく治療が出来ます。 矯正装置をつけるのに抵抗のある方や、ご職業柄 表側の矯正装置が出来ない方などに最適です。
  • 従来の矯正装置に比べて超小型の裏側矯正装置なので、話しやすさ、食事、歯磨きもしやすく、お口の中を清潔に保ちます。
    丸みを帯びたデザインにより、舌感が快適になりました。
  • 従来の裏側矯正装置よりも弱い力で継続的かつ効果的に歯を移動させる為、痛みが少なく、より速く歯が動きます。(※1,※2)

※1.裏側矯正装置は、症例により歯が早く動く事がありますが、概ね表側装置より歯の動きが難しくなります。そのため、現在は利点のある非抜歯矯正適応の方のみ相談を受付けております。

※2.当院は、咬み合わせ指導医として、最終時の咬合関係の確立に不完全性が予想される場合は、ご希望の装置以外での治療をご提案する事がありますので、事前にご了承ください。

裏側矯正(リンガルブラケット)設置例
開いた状態

歯の裏側に矯正装置を装着します。

口を閉じた状態

表側からは、まったく見えません。

予算も押さえたい、目立たせたくない方にオススメ

ハーフリンガル矯正

「矯正の費用を押さえたい」、「矯正を目立たせたくない」という方には ハーフリンガル矯正をオススメしております。
ハーフリンガル矯正とは上顎を裏側矯正、下顎を通常通り表側矯正をする手法のことを言い、 比較的目立つ前歯などの裏側を裏側矯正にすることで笑っても表からは矯正器具が目立ちません。
上下裏側矯正よりも滑舌や食事への負担がかからないのも特徴の一つです。

ハーフリンガル矯正のメリット

  • 上下裏側矯正に比べて費用を抑えて目立たない矯正をすることができます。
  • 上下裏側矯正よりも治療期間が短くなります。
  • 上下裏側矯正の場合、個人差によっては滑舌や食事に負担を感じる方がいらっしゃいますが、 ハーフリンガルだと舌が当たりやすい下顎に装置を装着しないので、滑舌や食事などの負担が軽くなります。
  • 下顎だけ表に矯正装置を装着しているので目立つのではないかと心配される方もおりますが、当院の目立たない表側審美矯正(クリスタル矯正)は透明なブラケット、そして白いコーティングワイヤーでほとんど目立ちません。
  • 下顎の装置が目立ちやすい口元の方は口角を上げるフェイシャルトレーニングを併用すると治療中も下顎の装置が目立ちにくくなり、治療後もスマイルラインをキレイに保つことができます。

※1.ハーフリンガル矯正装置は、表側装置と比較して歯の動きが難しい時があります。そのため、顎関節症、過蓋咬合、重度の叢生や開咬の方は、本装置をお勧めできない場合があります。

※2.当院は、咬み合わせ指導医として、最終時の咬合関係の確立に不完全性が予想される場合は、ご希望の装置以外での治療をご提案する事がありますので、事前にご了承ください。

Stb舌側矯正(リンガルブラケット)設置例
口を閉じた状態

下顎だけ表に矯正器具を設置するため、目立ちにくいです。

矯正治療相談予約はこちら